大昌建設のホームページにご訪問ありがとうございます
お客様との縁を大切にしています。地元北九州市及び苅田、行橋地区を中心に住宅の新築、リフォーム、土木エクステリア工事の自社工事が得意の何でも相談しやすい家庭的な社風です。工事の[大昌]いや大小は関係ありません。ので、お気軽に声をかけて下さい。ホームページでも是非コメントお待ちしております。

  通路の汚れは、危険です!

 内装屋さんの応援で、初めて工事に伺ったお宅の奥さんが足首に包帯を巻いていましたので、休憩の時に尋ねると、「車庫から続く通路が雨で濡れていて、滑って捻挫をした」との話でした。

翌日、次に紹介する他の現場写真を見せて【汚れてコケの生えた土間の洗浄】について説明をしました。

CA390061.jpg

 

 

 高圧洗浄器を使えば、汚れやコケなどを取り除く事ができます。

CA390056.jpg

 

       

 知らない間に少しずつ沁み込んだコケは、雨や朝露に濡れると滑ります、

 昨日まで安全だったから今日も安全とはならないのです!

DSC00285.JPG

 

 

  和風調の家で、門から玄関に続く通路も自然石の飛び石でした、飛び石に生えたコケもなかなか味わいがあり、私もその雰囲気が好きなお宅でしたが、来訪者が転んでケガをする事態が発生したのをきっかけに、改修しました。歩き慣れている家人は良かったのですが、「お客さんの安全が大事」のお爺ちゃんの鶴の一声で決定です。一番手入れをしている方です、飛び石を滑り止めの筋の入ったコンクリートで塗りこんでしまうのは残念ですから、裏庭の一部に再利用することを提案すると、大変喜んでいただきました。同時に手すりの取り付けもいたしました。

 一度、来訪者の視線で家を見ることも大切です、危険は身近なところにあるのです

介護 手すりについて

 介護保険での住宅改修で最も多く実施される工事は、 (手すり)の取り付け工事です。

トイレや洗面、浴室の手すりや、階段の手すりが主ものですが、意外と忘れがちなのが【玄関】の手すりです

 実例ですが、昨年の夏に靴を脱ぐときによろけてバランスを崩し骨折をした事故もありました。

玄関手すり1.JPG玄関手すり2.JPG

 写真のように玄関内部に取り付け可能な壁がある場合は、良いのですが、壁が無くても次の写真のように下駄箱に手すりを取り付けて大変喜ばれた例もあります。

下駄箱手すり1.JPG

 

IMG_NEW.jpgIMG_0001_NEW.jpg

 ガット.リハビリィと云う介護用品を専門にあつかう会社の商品を紹介します。とっても便利で利用者のことを配慮した商品だと思いますよ。

      介護保険で利用できますので連絡をお待ちしております。

防犯、セキュリティ工事

 HP内の (ダイショウの家づくり)でも取上げたのですが、連日の不況関連のニュースの影についつい見逃してしまいそうになっている事に空き巣や泥棒、敷地内への不審侵入があります。

 お客様からの(連絡や報告)、新年度のカレンダー配りの際にも不安を口にする方が増えています。今年の秋にトステムショールームで開催した【防犯セミナー】に参加して勉強すれば良かったと悔やむ方もいらっしいました。

たくさんの方が見るHPですから、手口の公表につながりかねませんので、詳細は書けませんが、実例です。

 平成20年11月 小倉南区 一人暮らしのご婦人宅の例

 数日前から「羽根布団のアフターサービスで無料でダニなどの検査をしますから、お宅の地区は今週廻っていますので、いつだったらご都合がいいですか?」などと言葉巧みに留守をする日にちを聞き出そうとする電話があったそうです。「月曜日はどうですか?火曜日は?」についつられて「○曜日は用事があるから朝から出かける」と言ったかもしれないと首をかしげていました。 

 そうです!留守にしたその日に玄関の鍵を壊されたのです。幸いなことに【ある偶然】のおかげで家への侵入は防げた状態になりましたが、恐ろしい出来事です。

玄関鍵12月1.JPG 和風の引き戸サッシは、どうしてもその構造上【鍵】に不安が生じます。

セキュリテードア12.JPG その点、ドアタイプの方が「いろいろなセキュリティ」対策がなされているので、お勧めです。

  様々なデザインの商品がありますから【和風の家】でも対応できますよ!アクティーさんのHPなども大いに参考になりますのでご覧になって下さい!

 

リフォームか?解体か?そこが問題だ

建物の解体についての問い合わせをいただきました、【古くなったから修理、リフォームするより壊して立て替える】は単純明快の答えでしょうが、思い出などの感情面や維持費などの経済面などさまざまな要素の塊りが建物です、十分に調査、検討して最終的な判断が【解体】となった場合の家主さんサイドの工事手順を書かせていただきます。

 @ 工事の開始日を決定する、できるだけ月曜日からの解体開始にする、なぜなら解体が中途半端な状態になった時が一番危険である為、日曜に業者が休んだりしても現場安全が確保できる余裕が必要(休日に大きな工事音をだすと近所から苦情発生) 風水的には工事の安全とその建物に対する感謝の意味で事前に建築吉日に塩とお酒で現場を清める方が良いでしょう。 (地鎮祭とは違います)

A開始日の45日前にご近所(向こう3軒両隣と裏など)に挨拶をする(解体してその土地に新しく家を建てる場合はなおさら)そこに住まない場合は業者だけでも良い

※最近の建築関係の費用で一番値上がりしたのが解体費だと言えます、処理場の経費アップや解体材の細分別化にともなう人件費のアップなどが主な原因ですが、原油価格上昇で処理費が上がるおそれもあります。早め早めの計画が有利です

いづみ荘解体前1.JPGいづみ荘解体12.JPGいづみ荘解体11.JPG

築35年以上の木造アパートの解体現場です、周囲にシートを張り騒音を少なくする為に人手による解体を進めて、重機の使用日を減らす、処理場に向かうトラックの荷台に上がり別の種類の解体材が混じってないかチェックする、この写真の場合はコンクリに木切れが混じってないか調べてます。

風水的リフォーム

永く住宅の仕事をさせていただいていると理論、理屈では理解できない事と出会う場合があります。そこに風水の考え方を当てはめてみると偶然なの何なのかピッタリはまった事例がありましたので参考にしてみて下さい。       ●結婚して10年以上子供さんのできなかったご夫婦の寝室の窓と内装、特に天井を風水の考え方を取り入れてリフォームしたら赤ちゃんができて大喜び。         ○床や畳下地の張替えリフォームをしたら腰、特にご主人の具合が良くなった。   

PTL467.PNG

●門回りのエクステリア工事をしたら5年前からトラブル続きだった不動産の問題が解決にむかった。

○玄関のリフォームをしたら、縁談事がスムーズに進展していった。これは何度もありましたよ

   進学、就職問題や結婚や家族内の諸問題など本当に改善した事例は多くありますが、プライバシーに関する事柄なのでくわしく書けませんが、家という基本のところがリフォームによって気の流れが変わり作用をもたらしているのかなと思っています。  不思議なことはありますよ。 家相や風水について少し勉強しています、お役にたてることがあるかもしれません、ご連絡下さい。

PET311.PNG

▲このページTOPへ
img_contact.gif