大昌建設のホームページにご訪問ありがとうございます
お客様との縁を大切にしています。地元北九州市及び苅田、行橋地区を中心に住宅の新築、リフォーム、土木エクステリア工事の自社工事が得意の何でも相談しやすい家庭的な社風です。工事の[大昌]いや大小は関係ありません。ので、お気軽に声をかけて下さい。ホームページでも是非コメントお待ちしております。

水道管のさび  その他の工事

最近、洗面台の水の出が弱くなった気がする。 洗濯機の水を溜めるのに時間が掛る。 ウォシュレットの調子がおかしい?。』などの連絡をいただき、調べると、最終的には【水道管の老化 さびの発生】に行きつきます。

 台所、洗面、トイレ、浴室などの水回りのリフォームなどをする際は、余程築年数が経過していない場合は、各機器の新設寸法に合わせた【部分配管】の接続改修のみの場合が多く、外部の水道メーターまでの水道配管は手つかずの状態です。

 先日も、古くなった洗面台の取り換え依頼を受け、古い洗面台を外しかけたところ、洗面台下の給水バルブ付近が錆びつきなかなかネジが回りませんでした。

 今回は、「三回忌法要の為に来客があるので急いで取り換えて」との指示だったので、「一度配管の点検をした方がいいですね」と伝えとりあえず工事終了。

 後日、点検をおこなった結果、ガス給湯器のフィルターにもさびがびっしり溜まり、シャワーのお湯が度々止まるなどの症状を引き起こしていました。

 道路本官からメーターまでは、水道局の管理ですがメーターから住居内は、所有者の管理です。水は、あらためて言う事もない重要なものです、安心して使えるように時々プロの目で検査してもらいましょう。

 

 水道管から白蟻の被害へと広がった記事は、こちら

床下浸水は、その後の処理が大切

 やっと梅雨も上がり本格的な暑さの(夏)になりましたが、今回の大雨の後遺症をひとつ紹介させてもらいます。

 【床下浸水】

 当社の建てた住宅では床下浸水2.JPGありませんが、知人より緊急の相談を受けましたので、現地に行きました。

一昨年の大雨の時も浸水したとの事で、敷地が道路より一段低い位置にあり、周囲はたんぼの用水路か゜2本通っています。

 写真のように浸水した泥水で、土台や大引き、根太まで汚れています。今回は、基礎に穴を開けて、水中ポンプで排水しました。

  数年前に、ある業者さんからの勧めで【床下換気扇】も数台取りつけてありましたが、浸水により故障していました。 

 前回の場合は、自然排水で乾燥を待ったそうですが、それでは、対処療法にしかなりません.根本的策が必要だと思いますが、まずは調査です。

 私達の調査によりいろいろと気になる点が見つかりました!【白蟻の蟻道】です! 湿気の多い土壌は、白蟻の天国です。

 早速、中村白蟻消毒078.JPGさんに調査をお願いしたところ、白蟻の被害が、写真のように屋根裏まで広がっていました。

 大きな梁の中心まで食害があり、家にとっては重大な被害です。

常にジメジメしている基礎からじょじょに浸食していったみたいです。

 

白蟻消毒は勿論の事、家のまわりの排水問題の解決がポイントになります。

  現在その対策を検討しています。

 

しろあり 白あり 白蟻 困ったものです A

【しろあり】についての記事をアップしたところ,皆様方からのアクセスや電話、質問FAXをいただきましたので、よくある床下の被害以外の件を紹介させていただき板塀の被害1.JPGます。

 隣地境界に建つ【板塀】か゜白蟻の被害にあい、倒れ掛かっています。

 その為、羽アリが家の方まで侵入して,被害の拡大が起こっていました.

 

 応急的に駆除作業きしましたが、根元が朽ちている板塀は、元に戻りません。 隣家の方と話し合ってブロック塀などへの改修が必要となっています。

 

 屋根の白あり被害.JPG

  白蟻の被害でもっとも怖いのが、床下だけでなく家の上部までいくことです。

 鉄板屋根のお宅でしたが、屋根からの羽アリを発見して検査してみると、屋根下地や垂木に白蟻の被害があり、雨漏りの原因となっていました。

 天井裏の駆除作業は、大変です!

梁や柱、桁、屋根垂木の被害は、一度の駆除作業で完全にすむとは言いにくく、経年観察が必要となってきます. 信頼のおける駆除施工店と建築屋さんとのコンビネーションが整っている、大昌建設にぜひ、声をかけて下さい。

 家は大切な財産です! 白蟻は家のガンです! 早めの点検を!

※ 白蟻の被害と,高額水道料金の記事は、こちらから

※ 鉄筋コンクリート造のマンションに! は、こちら

 

 

シロアリ 白あり 白蟻 困ったものです

  年間を通して一番【シロアリ】についての相談を受けるのが多い季節(梅雨〜初夏)になりました。

 (羽アリ)の姿を目撃することが多くなる頃だからと【中村白蟻さん】は、云います。新しい【食場】を求めて就職活動が活発になる季節なのです。

 中村白蟻さんも、調査、検査に忙しく飛び回っています。さて、白蟻屋さんは、どんな検査をするのか一緒に床の下にもぐっていく事は、なかなかできませんので、ポイントを聞いてみました。

 @ 床下の湿度、湿気の状態  以前、新築して一年のお宅で、洗面所の排水管の接続が悪く、床下に水が溜まり、その付近がしろありの被害にあっていた現場があったそうです。 

 時々、家の基礎周りが蟻道_0003.jpg濡れていないかチエックする事。

 A 家の周りの植木のチエック    大きく、高く枝を伸ばした植木を伝わって木製のテラス〜二階の木雨戸、戸袋、桁と被害が広がった現場があったそうです。   当社でも、最初は壁からの雨漏りの相談を受け、検査したら二階の壁内部に白蟻の巣があった事があります。 

 家に近い植木や木製の柵などをチエック。

   

 B 蟻道の蟻道_0001.jpgチエック

蟻道とは、光などを嫌う性質のある白蟻が移動するトンネルの事

写真中央の白いひものように見える部分

 

 

 

  

  蟻道は、床束や基礎、根太をよく検査しないとわかりませんので、【プロの目】が必要です。

 しろありは、家のガンです!  専門家の検査を受けましょう。

風水的リフォーム 玄関と鬼門 2010年改訂版

 この【鬼門】に関する記事は、2007年に掲載されたものですが、今年2010年になってアクセスが増えていますので、少し追加内容にて再掲載させていただきます。【文字が茶の部分】 又、過去の記事で関連性のあるものも紹介させていただきます。

 風水や家相をみる場合の基本は、家の中心からみた方角です、建物の隅から対角線を引いて交わった点が家の中心です、よく敷地の中心とか、前面道路から玄関なんかをみて判断するとか勘違いしている方がいらっしゃいます、家の中心からみて北はどっち位は知っておいてください。北東の位置がよく言われる鬼門の方角です、鬼門の考え方は諸説ありますから詳しくは書きませんが、〔よくない方角〕と思ってください。〔よくないのなら、よくしましょう〕が家相や風水のベースの考え方です。日本は南北に長い島国です、南からの暖かい、明るい日差しを部屋に取り込もうとするとおのずと間取りは決まってしまいます、鬼門に水回りがあるとか、ないとかいたし方ない場合があります。鬼門は気のもんに繋がり、悪いを取りけてしまえば、気分も変わる、気分が変われば気持ちも良くなるです

CA390040(2).JPG対策  空気のよどみは邪気が溜まりやすくなります、〔香〕には気を浄化し、気を静める作用があります、嫌なことがあった時とか来訪者の予定がある時などに事前に玄関ホールに香を炊き迎える、来た人も玄関を開けたらいい香りがすれ悪い気はしないはずです。 月に1〜2度鬼門の方角に置いた植木鉢などにお線香を刺し炊いてみるのも鬼門の浄化に効果があるといいますよ。 

【香】は、仏壇用のものでもいいのですが、旅行など行った際に、各寺院で売っているものを使っています。例えば京都に行って【生八つ橋】を知人におみやげに買って帰るより、お寺が独自に作っている【お線香】を差し上げる方がおしゃれ!

 

CA390039(2).JPG:下駄箱の上に金運アップの黄色の敷物をして香を炊く〔いろいろな香りが売られてますよ〕横には〔かえる〕の小物を置いて家族の無事帰宅や出て行ったお金がかえるの祈願・・・・。

 来客の予定時間の少し前に【玄関で香を焚く】

他人が持ってくる【邪気】を清め、来訪者も良い香りに心なごむ……。 

 

 出入りする人への配慮の気持ちを、もてない様では良い運気も入ってきませんよ。他にもいろいろと作法があります。 【お茶やケーキより、良い香り】

間取り上、変更の効かない場合は、【鬼門封じ】のご祈祷をしてくださる【ある神社】があります。

過去に何度も、お願いしたことがあり、お客様から「気持ちがすっきりしました」と喜ばれました。

詳しくは問い合わせでか、下のコメント欄に書き込んでもらえれば、回答いたします。

 ※ 【質問のFAX】をいくつか、いただきましたので、私のわかる範囲の【回答】を個別にさせていただきました。

 FAX番号 093-475-1561 です。 もちろん料金などいりません。 今回、家の間取り図を送っていただいたので、双方とも理解しやすかったです。

 ※ リフォームとお塩と云う記事も参考になれば、こちらから

 ※ 過去の関連記事は、こちら

▲このページTOPへ
img_contact.gif