大昌建設のホームページにご訪問ありがとうございます
お客様との縁を大切にしています。地元北九州市及び苅田、行橋地区を中心に住宅の新築、リフォーム、土木エクステリア工事の自社工事が得意の何でも相談しやすい家庭的な社風です。工事の[大昌]いや大小は関係ありません。ので、お気軽に声をかけて下さい。ホームページでも是非コメントお待ちしております。

木食い虫 発生!

 かわら版をお届けした際に 『丁度良かった、電話しょうかなと思っていたの‥』 と昨年屋根のリフォームをさせていただいた小倉南区のN 様から言われました。 聞くと玄関の天井から細かい木の粉が床に落ちている、もしかしたら白蟻かも?と気になっているので見てほしいとの事。

 検査をします。 確かに細かい木の粉があちらこちらにあります。 昨日の朝綺麗に掃除をしたのに又落ちていると言われます。

このお宅は、築年数が約30年位で、今は亡くなった知り合いの大工さんが手の込んだ仕事をして建てたとの事、和風の家で竹や銘木を使いの立派な家です。‥‥しかし、竹や銘木は【家の害虫】にとっては【おいしい餌】 です。写真の玄関上がり框の頭の上にある【下がり壁の框】が竹でできています、その竹に5ミリ位の穴が多数開いています、害虫の食べた穴です、叩くとポロポロと木(竹)の粉が落下がり壁に虫.JPGちてきます。

 犯人は、白蟻ではありません! 【キクイムシ 正式和名 ヒラタキクイムシ】です。体長は4ミリ位で幼虫が木を食い荒らし、成虫になる為に外部に移動する際に木の表面に穴を開け、細かい木の粉を落とした事で被害がわかるというやっかいな害虫です。

生態が書かれた資料を読むと『幼虫はその材木の内部に深く入り込むために、薬剤が浸透しがたく駆除がむずかしい害虫』 だとの事。 中村白蟻消毒さんに天井裏の検査をお願いしました。

下がり壁の吊り木も何か所も穴が空いている状態です。薬剤の散布だけでは処理できません。下がり壁を撤去後周囲の木部を消毒します。もちろん新しくする下がり壁の材料も消毒します。昔からいる虫できな粉のような木くずを出す事から【パウダーポストビートルズ 粉出し虫 】とも云うそうです。

粉の出た穴に市販の殺虫剤を吹き込んでも、どんどんと中に侵入していくので被害が広がります。きな粉のような木の粉を見つけた時には、プロに相談して下さい。

 

玄関錠の取り換え

 卒業、入学、就職とこの季節は、人の動きが活発になる時期ですね。不動産屋さんや、借家のオーナー様から借家人の引っ越しなどで移動になった部屋の玄関錠の取り換えを依頼される事が多くなります。

 玄関錠の取替え24.JPG

 今回も8世帯の借家やワンルームマンション、アパートの移動がありましたので、鍵の取り換えをしましたが、その中の2軒が管理を依頼していた不動産屋さんが諸事情により変更になったり、居住者による又貸しや連絡ミスなどもあり数年前から鍵の取り換えをしていない事がわかりました。古いかぎの使いまわしでした。

 ある部屋の場合、約4年の間、その間3人の方がその部屋を賃貸していたらしく、それぞれが合鍵を作っていたりしていたので、その部屋の鍵が何本もある事になり、まったく物騒な状態でした。ある日突然知らない人が入って来る‥‥怖いですね。

 私どもが玄関ドアの新設やリフォームなどをおこなう場合は、工事用の鍵を文字どうり工事期間中に各業者間で使用して、最終的に室内に入らなくなる工事完成時にお客様専用の鍵に切り換えるシステムは、以前からリクシルの玄関ドアには採用されていて、お客様に安全、安心だと好評です。

借家の修理

 借家の維持管理に困っているオーナー様も多いようです。

 永年お付き合いをさせていただいているオーナーさんに年始のご挨拶に伺った際に、『大昌建設さん、時間の空いた時でいいから○○町の借家の様子を見てくれない? 最近行ってないから‥住んでいる方からは別に苦情もないけど‥‥古くなっているから‥』 

 家賃は振り込みで別に不動産屋さんに管理を任せているわけでもありません、同一借家人の方が永く住んでいます。借家人の方と電話連絡をとり定期検査と云うことで見せていただきました。 内部はサッシ等の建具の調整をその場で行ない、洗面所の床が悪くなってい末松アパート24.01..JPGるので、もしやと思い写真の浴室外部にまわると、外部土間などがびっしょり濡れています。 

 水道メーターなどを調べ水道管の漏水ではなく、はっきりした原因は不明ですが、老朽化による浴槽及び洗い場の排水管からの漏水だと考えられます。

 急に傷んだわけでもなくかなり前から漏水している事がうかがえます。ユニットバスなら修理も簡単ですが、タイル張りの昔からの工法です。壁、床、土台、柱、窓周りを解体しての修理かユニットバスへの取り換え工事になります。内部の壁タイルも各所で割れがあり、しろありの痕跡もあります。

 住人にお聞きすると『そう云えば、いつも土間が濡れているなと思っていた、そばにある雨どいの関係かと思っていた』との事。自分の家(財産)だという感覚がありません。

 

 早めに気が付いてオーナーさんに知らせておけば修理時間、経費の事もうまくいったのではないでしょうか、少し大がかりな改修になる点を知らせして、ユニットバスへの改修等をリクシルの担当者と対策を考えています。

新しい年に向けての準備

 新年を迎えるにあたっていろいろと準備する事があります。今回相談いただいた件は、【新しく仏壇の置き場を設置する】 と云うものです。

 間取りの関係で二階に床の間や押し入れがあり、将来仏壇が必要になったらその部分を改造して仏壇が置けるようにと考えていたのですが、永く病気療養中だったご主人が亡くなり、無事葬儀も済み仏壇を買う運びになりましが、奥様の方も膝を悪くしているので、二階より一階に仏壇がある方が何かと良いのではと思い、又正月に子供さんも帰省してきますので、その際に仏壇開きもしたいとのご相談をいただきました。

 一階の物入れを改修すれば仏壇を設置できるし、リビングにも近いので家族の声をご主人も聞けて喜ぶのではないかと奥様は思ったそうです。たくさんの荷物の入った物入れですからそれをどこに移動するのか?寸法的に大丈夫なのか?等々様々な問題もありましたが、一つ一つ解決していきます。

 仏壇の購入には、私せいぜんの仏壇23.12.JPGが永年の信頼を寄せている 【お仏壇のせいぜん 小倉湯川本店】にお客様と同行して品選びのお手伝いをさせてもらいました。 

 このお店とは、前任、前前任者の店長とのつきあいがあり、床の間や仏間を作るにあたって仏壇の寸法等についてよく知恵を借りたりしていたので、面倒見の良いお店だと信頼しています。 折角買った仏壇が納まらなかったりしたら大変ですから。 

  久しぶりに仏壇選びに同行しましたが、昔からある伝統的なタイプやこれ仏壇? 家具? と思うようなオシャレなものなど品ぞろえはさすがのものがあります。

 担当者の丁寧な説明に奥様も満足され気に行った仏壇を決めました。 価格も同行した私の顔をたててくれて特別価格にしてもらい良かったです。

 電話番号は、093-922-5551 です。

 お勧めの仏壇店です

 仏壇の寸法も打合せをして、仏壇置き場の工事の開始です。 新しい仏壇を収め家族の幸せをお祈りできますように、慎重ににリフォーム工事を進めます。

 

こんなトラブルがありました。

 『大昌さん、何年か前に床の修理をしてもらった私の実家覚えてます? 母からの電話で、『二階の部屋の天井にシミができているみたいなの、あなたの家を建てた建築屋さんに連絡して一度見てもらえるようにしてくれない?』と、お得意様からの電話

 早速お伺いしました。 工事をした時の記憶や建物の構造を考えながら車を走らせます。

 基本の建物は、以前盛んにコマーシャルをしていた建売住宅メーカーの『おしゃれな外観の家』で築20年、屋根の形状も 『おしゃれで、ちょつと複雑』 職人泣かせの谷が何本かあります。築10年位経過してから雨漏りが発生し、何度か修理をして、やっと雨漏りは止まったと話していたのを思い出します。建てた会社も今は無く、台所や廊下の改修を娘さん経由で当社がさせてもらった現場です。

 到着して車を降りた瞬間、原因がわかったような気がしました。 見あげると屋根に『太陽光発電のパネル』が設置されていました。お母さんの話によると、一年ちょつと前に 『ご近所のお宅に工事に来ました、お宅もどうですか?太陽光発電!今なら補助金なども有利ですよ‥‥』 でエコに関心のあったご主人が『それなら‥と』 取り付けたのです。 ご主人も、屋根の形の事もあるが、もしかしたら発電パネルのせい?と思い私どもの意見を先に聞きたかったようです。

 天井裏に入りますが、屋根の形状のせいで天井を壊さない限り、シミのできている付近まで見る事ができませんが、かなりの確率でパネル付近があやしいです。

太陽光パネルを設置した業者に連絡して一緒に点検する日時を決めました。

 二日後、高圧洗浄機で屋根を濡らします。しばらくすると天井にポタリ、ポタリの音とシミの広がりが確認できました。パネルを数枚取り外すと、瓦に付けた取り付け金具のせいで瓦がひび割れしているのがわかりました。下地の防水ルーフィングも取り付けネジのせいで破れています。 数本のネジが垂木以外の場所に貫通しています。水が漏っています。 修理をします。

 取り付けた業者が変ないいわけなどをするのなら、こちらも考えがある‥と思っていましたが、幸いな事に誠実に対処してくれたので、現場写真や業者名の公表は差し控えます。

朝の情報番組でも『人気の太陽光発電、しかしトラブルも多数発生』 の特集が放映されていました。乱立する業者の取り付け技術の未熟によるものが多いとの事。

 街を見渡すと【エコ発電 太陽光発電等々】ののぼりや看板がたくさん見受けられます、家電量販店は特に力を入れているようですが、私達工務店サイドもしっかり勉強している事をわかってほしいです。

家の事は、一番家の事を知っている工務店に相談してほしいなと思いました。

 

▲このページTOPへ
img_contact.gif