大昌建設のホームページにご訪問ありがとうございます
お客様との縁を大切にしています。地元北九州市及び苅田、行橋地区を中心に住宅の新築、リフォーム、土木エクステリア工事の自社工事が得意の何でも相談しやすい家庭的な社風です。工事の[大昌]いや大小は関係ありません。ので、お気軽に声をかけて下さい。ホームページでも是非コメントお待ちしております。

出雲大社に行ってきました。 お客様の声より

 小倉北区のK.Eさんより『大昌建設さん、友達と旅行会社のツアーで出雲大社に行ったのでほんの少しだけどお土産を買ってきてるので寄ってくれない?』の電話をいただきました。

次の日にお伺いすると『この出雲そばは藤田さんとこの前、床の修理をしてくれた職人さんに、このお菓子は、藤田さんの奥さん用に‥』と出雲ぜんざい餅をいただきました。『こんなにたくさんいいんですか?』 『大昌さんにはいつもお世話になっているから、これ位‥‥お土産を買うのも楽しみのひとつですから‥』 有難い事です。

K.Eさんは、70代の一人暮らしのご婦人です。20数年前にご主人を亡くされ、その際に仏壇置き場を作るのに、今回一緒に旅行に行ったSさんの紹介で初めてお伺いして以来のお付き合いです。

 トステムのキ出雲大社遷宮1.JPGッチンや玄関サッシ、窓サッシの取り付け、車庫の土木工事等々と折にふれ声を掛けていただいています。私達夫婦とも妙にウマが合い、一緒にあちらこちらとドライブに行ったりする間柄です。写真もお借りしてきましたので掲載します。

 今年出雲大社は60年に一度の大遷宮の年、60年毎に屋根などの葺き替え工事をして祭神であられる大国主命さまの神殿を綺麗にする行事です。 まさに【リフォーム】です。

10月には、伊勢神宮でも遷宮が執り行われます。まさに今年は、リフォームの年です!

そんな記念すべき年に皆さんも我が家のリフォームをしませんか?きっと良い事がありますよ!

感謝の言葉をいただきました。 お客様の声

 私共建築屋に夜遅く掛って来る電話は、水道管がどうした、電気がどうしたなどと云った緊急の連絡が多く、自宅でのんびりしていると突然の電話のベルに緊張感が走ります。 まして日曜日の夜の電話、何事かと思い受話器を取ると 『大昌さん? 夜遅くにごめんね 南区のNだけれど‥』 『あーNさん 今晩わ どうかしましたか?』 『ごめんね、歳をとってくると忘れぽくなって、早めに電話しなければと思いながらついついい‥‥』

 内容は、次のようなものでした。  昨年の秋に屋根瓦の割れやズレの修理をさせていただいたのですが、【その記事屋根の修繕12.10.JPGはこちら】  古い家なのに数日前の雪でも何の異常も無く安心して過ごせたのは、しっかりした工事の賜物であり感謝していますとの事。 

 お礼の電話をしなければと思っていたのだが所用に追われてついつい‥

 『お礼なんて、とんでもない、当たり前の仕事をさせていただいたまでの事 恐縮します』 とのやりとりのあと 『大昌さんがいてくれるから安心していられるわ! 小さな仕事ばかりで悪いけど又よろしくね‥』と言われました。

 横でこんな時間に何事かと聞き耳を立てていた家内が 『良かったね、うれしいね』と云いました。 『おーっ うれしいね!パワーが湧いてくるね』

 

本当にありがとうございます 藤田眞己

 新しい年の幕開けにたくさんの年賀状をいただきました。

取引先の業者さんなどからの年賀状もありがたいのですが、仕事などでご縁のできた方々からの年賀状は大変うれしいものです。

 毎年家族全員の顔がいろいろなキャラクターのポスターにはめ込まれた、とても笑顔のすばらしい小倉南区のFさんからのもの、今年のテーマは映画(アベンジャーズ) 指揮官ニック フューリーにはご主人色っぽい姿のブラック ウィドウ役の奥さん、子供さん二人は、アイアンマンとマイティー ソー、そして弓の名手2013年賀状.JPGホークアイにはお婆ちゃん、弓を持つ筋肉はすごい! 正月初笑いでした(失礼) 仲の良いご家族の様子がわかります。 来年は何かな?

 『昨年は、大変お世話になりました。 新しくなったお風呂に孫と一緒に入っています、今年は二人目の孫が誕生しますので楽しみです‥‥』 と書かれた苅田町のKさんからの年賀状

 三年ぶりに帰省してきた娘が綺麗になったシステムキッチンに驚いています。なかなか使い勝手が良いじゃないと言っています、私もしたいから少し援助してとも言ってます、主人はその気になりかけています、大昌建設さん千葉まで工事に行ってくれますか(笑い)と書かれた門司区のHさん。 日本語が通じるならどこへでも行きますよ!

大昌建設も笑顔の溢れる家づくりのお手伝いが少しはできたのかとハッピーな気分になります。

元気が出てきます。 仕事初めの日に皆に見せました。 みんな笑顔になりました。

   今年も、うれしいお便りがいただける会社になるように頑張るぞー!

 

【雷門】建てました。 お客様の声より

 10月に開かれる【第8回九州ジャパン建材フェア】 (家づくりに関する様々なニーズにお応えできる大規模の建材フェアで博多のマリンメッセにて開催されます) のお知らせにお伺いした小倉南区のMさん宅での話。

 『子供さんの受験ラッシュもひと段落ついたのではないですか?そろそろ以前からおっしゃていた水回りのリフォームの計画してみませんか? 今度マリンメッセで建材フェアがありますから参考に見に行きませんか?』

すると奥様が、

 『大昌さ雷門1.JPGん、水回りのリフォームくらい私、自分でできるかも だって雷門建てたのですから 東京の浅草寺の雷門‥‥』(笑い) 『えーっ雷門‥?』 

 雷門の正体はペーパークラフト、そうです紙で作った模型です。なんでもインターネットで調べ物をしていたら偶然ペーパークラフトのサイトを見つけ、面白そうだから始めたら結構はまったそうです。

 そして現在建築?制作中なのがあれです! あの超有名な建物 ヒントは10円玉。 次回リフォームの提案書を持参する頃には完成しているでしょう。

 

 紙製ではなくリクシル製品で自宅のクラフトを初めてくれればうれしいのですが‥。

【水はけ】お客様の声より

 今回の大雨被害にあわれた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます

                         大昌建設一同

 

 2年ほど前に古くなった U字溝や外部排水の改修 をさせていただいた、小倉南区の森田様より電話をいただきました。

 内容は、雨が降る度に自宅前の通路(私道)が坂になっているので溢れだした雨水で困っていたのが、大昌建設さんのアドバイスで工事して良かった、いつもなら玄関前が大変な事になっていたのに、今回のような大雨でも大丈夫でした‥‥との事 

 九州に甚大な被害を呼び起こした大雨、家内の母方の親戚が八女市に住んでいたことがあり、夏休みに子供を連れて遊びに何度も行った思い出もあります。川遊びをしたあの川が茶色の濁流となって荒れ狂っている映像をニュースで見ました、いつも車を停めていた橋も流されバーベキューをした河原もあとかたもありません。大自然の営みの前には人間は‥‥。

 大昌建設で工事をさせていただいた、崖や擁壁工事のお客様と連絡をとり状況を確認しました。おかげさまでなんの被害もでていませんでしたので一安心です。

▲このページTOPへ
img_contact.gif