大昌建設のホームページにご訪問ありがとうございます
お客様との縁を大切にしています。地元北九州市及び苅田、行橋地区を中心に住宅の新築、リフォーム、土木エクステリア工事の自社工事が得意の何でも相談しやすい家庭的な社風です。工事の[大昌]いや大小は関係ありません。ので、お気軽に声をかけて下さい。ホームページでも是非コメントお待ちしております。

玄関ポーチの屋根について

屋根玄関11月.JPG 玄関ポーチの屋根からの雨漏りについてご相談をいただきました。

 玄関ポーチの屋根の構造は、建物本体と同じ瓦やスレート系、鉄板系の材料で仕上げている場合が多くあり、新築時に同じ瓦などで仕上げている場合は、経年劣化も同じように進むのですが、玄関は家の顔とか言いデザインアクセントの意味合いを持たせる為に、家本体とは違う材質で仕上げる事が多々あります。

 和風の建物では、家は瓦、玄関ポーチは銅板仕上げと言ったもです。違う材質の使用ですから劣化の時期にズレがでます。

 又本体との軒天井との高さの兼ね合いで十分な屋根勾配が取れなくて雨水の流れが悪くなり、劣化が進み雨漏りを発生させるようです。

 ご相談の屋根も写真にあるように屋根勾配も緩く棟抑えの鉄板も錆びて止め釘も効いてなくいくつかひび割れもあり雨水が入っているようです。

 室内の雨漏りには、皆さん敏感になるのですが、外にある玄関ポーチの屋根からの雨漏りは対応がおろそかになりがちで、下地材がかなり傷んでからのご相談になるようです。

 下地材まで取り替える事態になると費用も多くかかります、

 早めの対処が重要です!少し離れた位置から玄関屋根を見て下さい。

    


この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
▲このページTOPへ
img_contact.gif