大昌建設のホームページにご訪問ありがとうございます
お客様との縁を大切にしています。地元北九州市及び苅田、行橋地区を中心に住宅の新築、リフォーム、土木エクステリア工事の自社工事が得意の何でも相談しやすい家庭的な社風です。工事の[大昌]いや大小は関係ありません。ので、お気軽に声をかけて下さい。ホームページでも是非コメントお待ちしております。

土砂崩れの心配

 お客様からの電話 『大昌建設さん、以前屋根の工事をしてもらった時にうちの裏手の崖に、土留めの壁を造ったら良いのでは?と勧めてくれたのを覚えていますか?』と聞かれました。

 覚えていますし、毎年梅雨や台風の時期になると気になっています。

『今日久しぶりに散歩に出てうちの裏手に回ってみたら、崖の土が流れているようなんですけど一度見てくれませんか?』

    早速お伺いしました土砂くずれ1.jpg。   

 その敷地は高台にあり自宅部分と庭や畑にしている部分とにわかれます、庭や畑の部分の様子はぐるーと大きく回り込んでみないとわからない形状です、家人も普段はそちら側には行くこともなく状況が分からなかったようです。

 高さ3メートルの崖の一部が明らかに崩れています、下の土地には家もありますが何年も空き家の状態ですから崖の状態がますますわからなかったみたいです。

 数年前に屋根工事をさせてもらった時に瓦屋さんはじめの工事車両が多かったので私は裏手の方に駐車した際に崖の状態があまり良くないので、家人にお知らせした経緯を思い出しました。当時は様々な理由で立ち切れになった要件です。

 その時に撮った写真と比較しても明らかに状態は悪くなっています。下の家に被害でもあたえると大変です! 対策を考えることになりました。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
▲このページTOPへ
img_contact.gif