大昌建設のホームページにご訪問ありがとうございます
お客様との縁を大切にしています。地元北九州市及び苅田、行橋地区を中心に住宅の新築、リフォーム、土木エクステリア工事の自社工事が得意の何でも相談しやすい家庭的な社風です。工事の[大昌]いや大小は関係ありません。ので、お気軽に声をかけて下さい。ホームページでも是非コメントお待ちしております。

一押しの不動産屋さんを紹介します

 永い事建築の仕事をさせていただいてますから、お客様のプライバシーに関する事柄についてもご相談を受けます。

 『前に境界ブロックを積んでもらった◎◎の土地、草ボウボウなんだけど私達も草刈をする元気もないのでどうにかしたいと思っているの……』 『私の実家の事なんだけど母が介護施設に入ったので整理したいと思っているの……』等等 様々な不動産に関する相談をよく受けます。

 『大昌建設さんは、顔が広いので誰かいい不動産屋さんがいたら紹介してくれない!』

 当たり前のことですが家屋敷はお客様の大切な財産です、その事を私を信頼して相談してくれるのだからどこの不動産屋さんを紹介すればいいのか考えます。商売柄たくさんの業者さんの名刺はありますが、信頼していた方が現役を引退したり病気療養中だったりで困っていた時に知人の紹介である不動産屋さんと知り合う事ができました。

 当時、郡部にある解体工事25.jpg無人になった実家の事でお客様から相談を受けていました、老朽化で危険のある建物を解体して土地を売買する案件です。

 周りにも売り土地の看板を立てた物件が数年前からありますから難しい物件で私的には2〜3年はかかるのではないか? 草刈りも何度か来ないといけないかなと思っていた物件ですが、依頼して驚くほど速く解決してくれました。

 お客様からもいい人を紹介してくれて有難うとお礼も言われ良かったです。

 今回も大昌建設が大変お世話になったお客様からの相談事で『かなり難のある物件』の売買、個人情報に関わるので詳しくは書けませんが時間のかかることは当然と考えられる物件の事を的確に解決してくれました。そのお礼も込めて 『いい不動産屋さん』を紹介させてもらいます。

  エステート北九州     

      電話 093-953-9861  北九州市小倉北区熊本4-2-26

 不動産の事で何かありましたら一度電話してみてください! お勧めです!

 


アフターサービスは楽しい! 藤田眞己

 工事が終わり『何か不都合でもあったら連絡下さい、アフターサービスもばっちりやりますので……』と言い現場を離れます。

 しかし日々の仕事に追われ『何かあったら電話があるよ』と自分勝手に思い込みなかなかアフターサービスに周れないのも事実で、先日も『網戸の調子が悪いので急いではいないのでついでの時にみてください』との連絡、急いでお伺いすると網戸の戸車を調整するネジが取れてガタガタの状態『小さなネジですけど気が付きませんでしたか?』 『そういえば…たしか…テレビ台の横の所に置いていたけど…』結局見つからないまま 『いつ頃から網戸の調子が悪かったのですか?』『年末の大掃除の時』『年末!もっと早く言ってくれればすぐに来たのに…』『そのうち大昌建設さんが来てくれると思っていたし冬場は網戸使わないから…』事務所から車で15分位のお宅です、いつでもお伺いできると高を括っていた事を反省します、ネジを取りに帰り修理をしました。

 工事日誌を見て完了一年目のお客様に連絡を入れます、すると『家の方は異状ないけど畑のそら豆がもうそろそろだから食べごろを連絡しますから奥さんと取りに来てください』数日後 『そら豆が食べごろですそら豆@.jpgよ』のメールがありました。

 昨年屋根や壁の工事をさせていただいた小倉南区のKさん、工事終了時にたくさんのそら豆をいただき、茹でたりかき揚げにしたりでおいしくいただいた記憶が蘇ります。

 アフターサービスもそこそこに(笑い)家内と二人で畑で大きな袋2つに山盛り状態、一つは我が家用もう一つは午後から回るSさんとUさんにおすそ分けです。

 『5月は【そら豆】か、来月辺りは【メロン】でも作っているお客さんいなかったかなー ……』とあつかましい事をしゃべりながら車に乗り込みます。

泉松さんの短歌 水車連想 5月 和み会だよりより 

 水ぬるむ季節となりました、ドライブ先で水車を見かけた際に泉松さんの短歌にいくつか水車を詠ったものがあったのを思い出しましたので紹介させてもらいます。

 の水 水水車 末松.jpg路に通し次つぎに 水車を廻し 水を汲みあぐ

 水ぬるみ 田畑耕し すすむ朝倉に 三連水車はじまりの季

 遠き日に 母は水車を踏むひと日 「水は重たい」 

 耳朶に残れり

 

  母はひと日を 水車踏む いし板張りに体横たえ 口もきかずに

滑りやすい土間

 毎朝のように挨拶をかわすご近所の奥さんが足首に包帯を巻いているので、どうしましたか?とお聞きすると『ゴミ出しの時に勝手口から出たところで滑って軽い捻挫をした』との事

 気になったので見に行ってみると、写真のように雨樋の排水がコンクリート土間に垂れ流し状態で付近の土間が緑色のコケが発生していました。

 滑りやすい雨樋の排水1.jpg状態です!

 屋根の形状から雨樋もその一本に集中していますので常に土間が濡れていてコケや汚れを発生していました。

 その方から数年前にお客様をご紹介していただいた御恩もありますので、道具を取りに帰りG.Wで帰って来ていた子供さん達と一緒に土間のコンクリートをハツリ、排水パイプを接続し3mほど先にある排水溜枡に雨樋の水が流れるようにして、コケで汚れた土間は高圧洗浄機にて洗いました。

 ハツった土間をセメントで補修し終わった頃に表のカーポートの方から何とも言えない香り、バーべキュー大会の始まりです、うちの家内もちゃっかり座っています(笑い)

 今回のように安全であるべき住まいにも危険が潜んでいます。プロの目でチェックしてもらうことが必要ですよ!  声を掛けてください!

ブロック塀のひび割れ

 『G.Wの休みに東京の大学に行っている息子が帰省してきたので伸び放題だった植木の手入れを手伝ってもらったら、植木に隠れて見えなかった隣との境のブロック塀にひび割れが沢山あるのがわかったので一度相談にのってもらえますか?』の電話がありました。

 丁度所要があり近くまで行く用事があったので早速お伺いしました。

 ブロック塀のクラック.jpg古くからのお客様で数年前に水回りの工事をさせていただき、奥さんからおいしいトマトやキュウリを頂いた記憶が蘇ります。

 ブロック塀は30年ほど前に分譲地を購入した際に隣家と折半で建てたものですから老朽化しています。

 ブロック塀の各所にひび割れや破損が進んでいますし傾いてもいます。そんな箇所にチョークで番号を書き写真を撮りましたが変形の土地30メートルの間で38か所のマーキング、鉄筋が露出している箇所や一部は通学路にも面していますので対策が必要です!

 隣人は、高齢のお婆ちゃんの1人暮らしなので近日中に近くに住む子供さんに立ち会ってもらう連絡もつきましたので、それまでに工事の概算見積もりの開始です。

▲このページTOPへ
img_contact.gif