大昌建設のホームページにご訪問ありがとうございます
お客様との縁を大切にしています。地元北九州市及び苅田、行橋地区を中心に住宅の新築、リフォーム、土木エクステリア工事の自社工事が得意の何でも相談しやすい家庭的な社風です。工事の[大昌]いや大小は関係ありません。ので、お気軽に声をかけて下さい。ホームページでも是非コメントお待ちしております。

安全な入浴法について

 先日資料を取りにある材料屋さんの事務所に伺った際に、水洗いされた事務所前の通路で滑って足首を痛めてしまいました。周りに人がいたので平気な顔をしてやり過ごしましたが一週間ほど痛みがとれませんでした。 濡れたタイルは滑ります!

 濡れたタイルと言えば浴室ですね、テレビ、雑誌、インターネットなどでいろいろな【健康入浴法】が紹介されていますが、思うに健康入浴より重視しなければいけないのが【安全な入浴方法】ではないかと感じます。

 最近の住まいは、断熱性能も高くすきま風などでヒャーとすることも少なくなっていますし床暖房、エアコンなどで快適な住まいが多くなっていますが、反面自分のいる部屋の温度とトイレ、洗面、浴室との温度差によるヒートショックが問題です!

 温かい部屋から冷たい洗面 浴室との温度差でめまいをおこして転倒といった事故が多く報告されています。

 冷たいタイル床を踏んだ瞬間に頭の血管プッチーン!サーも床.jpg

 『うちの家の浴室には手すりが付けてあるから大丈夫!』 なんて安心してはいけません!失礼ですがふらついた際にとっさに手すりをまえる反射神経ありますか?

住まいで一番リラックスする場所が一番危険な場所でもあることを認識しなければいけませんね

 リクシルショールームにはヒートショック対策や洗剤や皮脂汚れが付きにくくなり滑りにくい床材などに工夫のされたシステムバスが沢山展示されていますよ、

一度見に行きませんか? 足首にシップを貼った私がご案内させていただきますので(笑い)

春はそこまで 泉松さんの短歌より (和み会だより)

 小倉北区の泉松さんからの春まじかの歌稿がありましたので掲載いたします。

日差しあぶ 河津桜の下枝に 頬をすりつけ 挨拶交わす

 川土手に 春桜2.JPG地蔵さん並び 朝日射す桜の老木 川を被いし

 古き風呂 新装なりて つい長湯 湯気に包まれ 鳥の声を聞く

  ※古き風呂の歌は、先月私共大昌建設で浴室のリフォームをさせていただいた泉松さんのお宅に関する歌で、大変綺麗になったと喜ばれていました。その言葉は私たちの日々の励みになります。

   短歌集 薫風に掲載された歌も紹介させてもらいます。

小春日に 橋の袂の大公孫樹 川面に黄の葉の 流るる小舟

若きらの ブラウス風を孕みおり 追い越しのベル 一気に萎む

ペットとの暮らしA

 私の家では、ヨークシャーテリア犬を16年飼っていました。

飼うというより一緒に生活をしている家族そのものでした、その愛くるしいしぐさに幾度も癒されました。

 定期的に動物病院にも連れていき検診を受けたりしていましたが、先生から少し足の具合が良くないようですね調べてみましょうと言われ検査の結果【股関節】を傷めているのがわかりました。

 そういえば私が玄関を開けると居間からダッシュで駆けてくる際に途中で滑って転ぶことが何度もあり『そんなに慌てなくてもいいよー』と言った記憶が蘇ります。

 磨き上げられたベルサィユ宮殿並みの長さの廊下ですから(行ったことないけど(笑い)途中で転ぶのは仕方がありませんが、それがワンちゃんの股関節を段々と傷つけることになっていたとは気が付きませんでした。

 『おしっこシートからはみ出たりして床に浸み込んだらいけないから、水気をはじくようにワックスをコマメにかワンラブフロアー@.jpgけているのよ…』と言われていた方も沢山知っていますが、ペットに悪影響を与えることになっているとは知らないようです。

 ブルズ ハイパージオ シリーズという床材やワンラブフロアという建材があります。

 滑りにくいといったペット保護の面と日常生活での汚れや傷に強いという家人の要望にお応えするべく開発された化粧フローリング材です!

写真のように色柄もたくさんあり、愛犬家 建築屋目線のお薦め商品です!

リフォームの際にはぜひご検討下さい!  お問い合わせお待ちしております!

ペットとの暮らし@

『マンションの空き室ができたので、新規の募集前に修理補修の見積もりをしてください』との依頼がありました。

 オーナーさん立会いのもと様子を見ましたが、最初にドアを開けた瞬間強烈なペットのアンモニア臭に驚き急いで窓を開けます。

 聞くとこのマンションのオーナーさんの親戚の夫婦が住んでいて、数年前ご主人が亡くなってからお婆ちゃんの一人暮らし状態、ボケ防止や運動不足解消の為にペットを飼うようになったらしいのです。

 しペットの写真@.jpgばらくして、腰を悪くしたお婆ちゃんが散歩にも連れていかれなくなり二匹いたワンちゃんもストレスからかあっちこっちに便をするようになったらしく、あちらこちら壁のクロスや床板にシミや傷ができていますのでこの状態では人に貸したりはできません。

 昨年秋お婆ちゃんは介護施設に入所、ワンちゃんも知人の家にもらわれたそうです、それ以降空き室のままで締め切っていますから臭いもこもっていたのです。

 

 私自身もペットを飼っていた経験があります、次は建築屋目線でのペットとの暮らしを考えた提案を書く予定にしています。

雨漏り修理

 先日雨漏りの調査依頼を受けたUさんの屋根を調べました。

 ある住宅会社が約20年以上前に販売した、お隣のお宅と一つに繋がった連棟式のモダンな建物で屋根のデザインも少し複雑で雨漏りの調査には時間のかかりそうな建物です。

 屋根材の老朽化と建物との取り合い部分の水切り板金などに雨水の侵入が疑われる箇所がありましたが、決定的にここだ!という所が見つかりませんので怪しく思われる箇所の瓦の取り換えや防水コーキング施工で様子を見ることになりました。

 二日後に雨天井板の張替.jpgが降るとの週間天気予報に従い、雨の日に天井裏に潜り込み調査したところ雨漏り修理をした箇所からの浸水も止まり一安心!

 長年の雨漏りで傷んだ天井板の張替作業に取り掛かります。

 剥がされていった天井板に発生したシミやカビを見た家人も『こんなにカビが生えていたのね、これじゃぁ体に良くないですね!ゴールデンウイークに息子の家族が泊りに来る前に修理できてよかったわー』と喜んでいられました。

 室内から天井を見上げシミなどあったら要注意ですよ、裏側は大変なことになっているかもしれません、プロの目による点検が必要です! 声を掛けてくださいね!

 

 

▲このページTOPへ
img_contact.gif