大昌建設のホームページにご訪問ありがとうございます
お客様との縁を大切にしています。地元北九州市及び苅田、行橋地区を中心に住宅の新築、リフォーム、土木エクステリア工事の自社工事が得意の何でも相談しやすい家庭的な社風です。工事の[大昌]いや大小は関係ありません。ので、お気軽に声をかけて下さい。ホームページでも是非コメントお待ちしております。

水道管や井戸配管の修理

 『浴室の外壁に水漏れが起こっているようです、今日ゴミ出しをするので裏に回ったら犬走りの土間なんかが濡れているのですけど……』  小倉南区の方からの依頼です。

 早速調査に伺います。 築年数20年のお宅で水道の他に井戸も利用されているとの事で宅内配管が少し複雑になっています、濡れている付近の土を掘り起こして配管を調査してみると配管に親指大の穴がありそこから漏水していました。

 穴の大きさからみ水道配管の修理28.11.jpgても随分前から漏水していようですが地中なのでわかりにくかったのでしょう?

 水道料金などのアップで漏水が判明する事は多いのですが、井戸配管との併用ですとそれがわかりにくい場合が多々あります。

 取り合えずの応急処置を行いましたが、全体的に配管の老朽化が進んでいるのが判明しましたので、配管の改修を依頼されました。

 二階にもトイレ、洗面が有りますので足場組みを行い配管工事の開始です。

 水は生命の源、毎日使うものですから安全に安心して利用できなれけばいけませんね、家の周りに水漏れがないか時々見て回ることが必要ですよ!


筆文字アート 小柳恵児 

 読売新聞社、ジブラルタル生命が、主催協賛で全国規模の28.11筆文字.jpg〔大切な家族へのメッセージ〕 と云う企画の募集がおこなわれこのページでおなじみの 小柳恵児君が 〔読売新聞社賞〕を受賞しました。

 自分の父親との関係を若者らしい飾らない素直な言葉で綴った、いつもの筆文字アートの作品とは一味違った内容のものです。

 著作権等の関連もあり受賞作自体はこのページでは紹介できませんが、10月14日の読売新聞に掲載されていますのでご覧いただけると幸いです。

  小柳君 受賞おめでとう!

 

 さて今回紹介する作品は写真と筆文字を合体コラボしたものです

 迷った時、決断と行動を起こす勇気の第一歩を表している言葉ですね、白いスニーカーが踏み出す一歩に明るい未来を予感させる作品ですね。

 

 私どものような仕事をしていますと、日々判断に迷ったり悩んだりする場面に遭遇します、そんな時は、先代社長の口癖ですが 〔お客様の笑顔〕の方へ踏み出せばいいと思っています。 

 

 さぁー今日は午後からお客様のお宅で打ち合わせがあります、前回の打ち合わせの際にいろいろと迷われている様子がうかがえました、それを踏まえてお客様の笑顔がいただけるのか頑張って提案をしたいと思っています。

 

   小柳君へのコメントを募集しています、下のコメント欄や携帯電話からは問い合わせ欄よりお願いします。

▲このページTOPへ
img_contact.gif